乳癌の細胞診 UPしました。

 

 

260704細胞診の判定法

 

 

乳癌情報館オフィシャル

http://nyugan-jyouhou.com/

 

乳癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/nyugannews

 

肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/kanzougan

 

胃癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/iganjyouhoukan

 

子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/sikyugan.news

 

肺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/haigan.news

 

前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/zenritusen.news

 

大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/daityougan

 

膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/suizougan.news

乳癌の精密検査

乳癌の精密検査

 

大きく分類すると精密検査は、マンモグラフィや超音波でシコリや石灰化の有無を確認する検査と、細胞診や組織診での癌細胞の有無を調べる検査になります。

 

精密検査が必要と言われた場合は、乳腺専門医がいる医療機関で、視触診、マンモグラフィ検査、超音波監査を受けて、シコリや石灰化を再確認する検査が行われ、その結果が疑わしい場合は、細胞診か組織診を行います。

 

・疑わしい石灰化ありの場合は、マンモグラフィで石灰化の位置を確認しながら石灰化の組織診を行ないます。

 

・疑わしい乳頭分泌液ありの場合は、分泌液の細胞診や分泌液の腫瘍マーカーを調べ、乳管造影撮影、乳管内視鏡検査などを行います。

 

精密検査の結果、良性か悪性かが決定しますが、良性の場合は検診にもどるか、半年か1年に1度の経過観察の検診を受けます。 悪性の場合は、必要な治療法を選択する為に、次の段階の検査を受けて治療が始まります。

260617乳癌の主な精密検査

乳癌情報館オフィシャル

http://nyugan-jyouhou.com/

 

乳癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/nyugannews

 

肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/kanzougan

 

胃癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/iganjyouhoukan

 

子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/sikyugan.news

 

肺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/haigan.news

 

前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/zenritusen.news

 

大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/daityougan

 

膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/suizougan.news

画像診断結果と検診総合結果の見方

画像診断結果と検診総合結果の見方の記事を投稿しました。

下記から確認ができます。

 

260606マンモグラフィカテゴリー分類

 

 

乳癌情報館オフィシャル

http://nyugan-jyouhou.com/

 

乳癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/nyugannews

 

肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/kanzougan

 

胃癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/iganjyouhoukan

 

子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/sikyugan.news

 

肺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/haigan.news

 

前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/zenritusen.news

 

大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/daityougan

 

膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/suizougan.news

マンモグラフィー検査の受け方とは

マンモグラフィー検査の受け方とは

 

マンモグラフィー検査を受ける日を選べる場合は、月経後の乳房が柔らかい時に検査を受けるように致しましょう。 月経前だと乳房を圧迫ることで痛みをより強く感じるため為です。

 

検査を受けるにあたって、乳房が小さい為に痛みや検査がスムーズに受けられない事を心配する方もいますが、マンモグラフィーは男性乳癌の疑いがある男性でも行う検査で乳房の大きさにかかわらず、撮影が可能です。

 

撮影では、上半身に何も着けない状態で、立体的に乳房全体が映し出せるように、斜め、水平の2方向から、合計4枚の写真が取られます。さらに詳しく見るために、異常がありそうな部分を拡大やスポットで撮影します。

 

※  マンモグラフィー検査は乳房の小さい方は「痛い」と聞きますよね。 正直に言いますと少し痛いのは確かです。 やはり挟んで撮影をしますので、仕方ありませんが、今は女性技師や女性専用の機関もありますので、以前よりはリラックスして検診を受ける事ができます。 また乳房が大きいから痛くないわけではなく、個人差はあるようですね。しっかり乳房を挟まないと病変がボンヤリして見落とす可能性もありますので、どうせ受けるなら、しっかり受ける事をお勧め致します。

260520 マンモグラフィー検査

乳癌情報館オフィシャル

http://nyugan-jyouhou.com/

 

乳癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/nyugannews

 

肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/kanzougan

 

胃癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/iganjyouhoukan

 

子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/sikyugan.news

 

肺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/haigan.news

 

前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/zenritusen.news

 

大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/daityougan

 

膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/suizougan.news

日本の受診率は36.4%

日本の受診率は36.4%

 

平成22年の国民生活基礎調査によりますと、視触診、マンモグラフィー検診、超音波(エコー)検診を含めた日本女性の乳癌検診の過去2年間の受診率は36.4%でした。

CECDヘルスデータの他国との比較ではオランダ87.6%、アメリカ80.4%、フランス75.4%、イタリア70.0%、そしてお隣韓国でも63.6%と日本国の倍近くの受診率で、日本の乳癌検診受診率は非常に低い水準となっています。

2000年からピンクリボン運動が開始され、マンモグラフィーの認知率は92.6%と飛脚的高くはなっているのですが、検診受診率は3割程度なのです。

 

なぜ、認知度があっても検診受診率が低いのでしょう。

2008年に「女性を守るための研究会」が967人にアンケートを取り発表した検査報告書によると、「時間がない/面倒 48.3%」「費用が掛かる 30.0%」「手続きの仕方がわからない 28.6%」となっています。

癌検診は、職場や自治体での集団検診であれば、費用は数千円ですが、日本企業で癌検診を行っているところも少なく、自治体も広報不足で検診の存在すら知らない方も多いのが現状なのです。

 

乳癌は早期発見であれば90%以上で治癒します。

皆さまも日頃から心がけ、友人や家族にも乳癌検診の大切さを是非!お伝えくださいね。

 

※  子宮頸がん検診も非常に低い水準で、特に20代女性の子宮頸がん検診受診率は11%と他国と比べても極めて低い状態なのです。

 

260513 乳癌検診受診率

乳癌情報館オフィシャル

http://nyugan-jyouhou.com/

 

乳癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/nyugannews

 

肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/kanzougan

 

胃癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/iganjyouhoukan

 

子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/sikyugan.news

 

肺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/haigan.news

 

前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/zenritusen.news

 

大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/daityougan

 

膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/suizougan.news

乳癌検診の目的と早期発見のメリット

乳癌に限らず、癌検診は、症状が無い人が受けるものであり、症状がある場合は保険診療の対象になります。 自己検診で気になる箇所があれば、保険診療で専門医の診察を受ける必要があります。 自己検診で気になる箇所がない場合でも、乳癌検診を受けることが出来ますが、対策型検診(住民検診)と任意型検診の対象となります。

 

乳癌は早期発見であれば、90%以上が治りますが、早期の乳癌には自己症状がなく、自己検診で触っても分からないため、画像検診などで発見するしかないのです。 自己検診で触って分かるシコリは約2cmと言われていて、1cmのシコリは1年で2cmの大きさになる場合もあるのです。ですので、自覚症状がないうちの定期的な検診が重要なのです。

 

乳癌の検診目的は、乳癌を発見することではなく、乳癌の脂肪率を減少させる事になります。 早期発見で早期治療ができれば、生存率の高さだけではなく、乳房や脇下のリンパ節の温存が可能であったり、化学療法を行わないで治療する事も可能です。また、治療費の軽減や治療後の社会復帰が早くなるなど、様々なメリットがあるのです。

 

260502早期発見のメリット

260502乳癌進行イメージ

 

乳癌情報館オフィシャル

http://nyugan-jyouhou.com/

 

乳癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/nyugannews

 

肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/kanzougan

 

胃癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/iganjyouhoukan

 

子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/sikyugan.news

 

肺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/haigan.news

 

前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/zenritusen.news

 

大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/daityougan

 

膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/suizougan.news

乳癌が発生しやすい部位(場所)

乳癌が発生しやすい部位(場所)

 

 乳癌は左右の乳房の乳腺に発生し、そこから増殖してきます。

乳房の大半はこの乳腺が占めていて、後は脂肪などの皮下組織と皮膚で構成されています。乳腺は乳頭(乳首)を中心に15~20の乳腺葉が乳房全体に放射状に広がっています。 そして乳腺葉は、細い枝状の乳管と、その先につく、母乳を分泌する袋状の小葉で形成されています。

 

 乳癌の95%以上が乳管の上皮細胞に発生し、約5%が小葉に発生します。 乳管は乳房全体に広がっていることを考えれば、乳癌は乳房のどこにでも発生する可能性があります。

 

 発生部位で最も多いのが乳房の中でも乳腺組織が豊富な外上部で全体の約40~50%がこの外上部に発生すると言われています。 また発生部位は1箇所に限らず複数部位に発生することもあるのです。

 

 

※ 月に一度はセルフチェックを心がけましょ

 260424乳癌の発生しやすい部位

 

乳癌情報館オフィシャル

http://nyugan-jyouhou.com/

 

乳癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/nyugannews

 

肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/kanzougan

 

胃癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/iganjyouhoukan

 

子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/sikyugan.news

 

肺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/haigan.news

 

前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/zenritusen.news

 

大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/daityougan

 

膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/suizougan.news

ヨガが乳癌に効果アリ!

ヨガが乳癌に効果アリ!

 

ヨガで癌患者の疲労減少
ヨガが癌患者にどのような影響を与えるか、オハイオ州立大学のがんセンターが研究を行いました。対象となったのはヨガ未経験の27~76歳の女性で、2か月~3年以内に放射線治療または手術を受けたことのある、乳がん患者です。
ヨガの実験では、12週にわたって1回90分のヨガレッスンを週2回実施。レッスン以外でも自宅でヨガをするよう促し、そのほかは通常通り生活するよう指示しました。実験後、運動量、うつの症状、睡眠の質、食事のカロリーなどを調査しました。
すると3カ月間のヨガを行った直後、ヨガをしていたグループは、ヨガをしていないグループに比べて、疲労度が41%も減り、活動エネルギーを表すバイタリティスコアは12%もアップしたのです。
そして6カ月後にも同じように調査したところ、疲労度は57%も減り、ヨガをしていないグループと比較して、がんの炎症は最大で20%も抑えられたという結果になったのです。

癌治療で、心身ともに疲労しているので、心拍数を急に上げることなく、筋トレと違い、呼吸を整えながら徐々に体力をつけられます。

そして、血行が良くなる事で新陳代謝やホルモンバランスを整える事もできるので、ストレス解消やリラックス効果が見込めますね。

 260318ヨガ2

 

乳癌情報館オフィシャル

http://nyugan-jyouhou.com/

 

乳癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/nyugannews

 

肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/kanzougan

 

胃癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/iganjyouhoukan

 

子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/sikyugan.news

 

肺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/haigan.news

 

前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/zenritusen.news

 

大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/daityougan

 

膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/suizougan.news

働く癌患者32万人!!

癌にかかった後、治療を受けながら働いている人が全国で32万5千人いることが、25日に判明しました。

 厚生労働所が初めて推計したデータで労働者の全体の0.5%を占めます。 男性は60代、女性は50代が最も多くなっています。

 

 働いている癌患者数は、厚生省が2010年の国民生活基礎調査を基に推計し、男性は14万4千人、女性は18万1千人で女性の方が多く、年代では男性は60代が6万1千人と全体の約4割を占め、50代3万4千人、70代以上3万2千人と続いています。 女性の場合は50代の7万人が最も多く、40代5万人、60代3万4千人の順になっていました。

 

厚生省研究班が行った04年の調査では、癌患者の30%が依願退職し4%が解雇されたデータも出ていて、働く意欲のある癌患者を支える仕組み作りが急務と話しています。

 

 政府は12年6月に閣議決定した癌対策推進基本計画の目標に「癌になっても安心して暮らせる社会の構築」を掲げ「働く世代への癌対策の充実」を重点課題に位置付けました。

 厚生省は、癌患者の就労支援のありかたについて専門家による検討会を設けて議論しており、今夏をめどに支援策を纏める方針の用です。

 260226働く女性

日本経済新聞より一部抜粋

 

乳癌情報館オフィシャル

http://nyugan-jyouhou.com/

 

乳癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/nyugannews

 

肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/kanzougan

 

胃癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/iganjyouhoukan

 

子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/sikyugan.news

 

肺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/haigan.news

 

前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/zenritusen.news

 

大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/daityougan

 

膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック

https://www.facebook.com/suizougan.news